2016年12月29日木曜日

モダンテクニック練習問題

モダンテクニックに関するの問題です。各技法の名前をその特徴とともに覚えましょう。

問1.次の説明文は様々なモダンテクニックに関するものです。( )に適当な語句を入れるか、選択肢から正しいほうを選ぼう。

(1)フロッタージュ
木の木目、石のざらざらした面、皮の模様を紙の上から鉛筆や色鉛筆などで塗ってその浮き出た模様を(①模写する 写し取る)技法です。この技法をフロッタージュと呼びます。

(2)コラージュ
様々な模様や文字の入った英字の新聞、包み紙やポスター、カレンダー、写真、雑誌などの一部を切り取り、(②撮影して 貼って)いき、一つの作品にする貼り絵をコラージュといいます。貼ったものの上へ、色を塗ったり、ニスやラッカーを塗ったり、絵を描いたり、文字を入れたりすると雰囲気が出ます。

(3)デカルコマニー
絵の具を紙に置いていき、乾かないうちに( ③ )でできる模様を作品にします。こういった技法をデカルコマニーといいます。

(4)マーブリング
油絵の具や墨を平たい容器に入れた水に( ④ )ます。表面に棒などで模様を描きます。流行したラテアートのようなふうに模様を描きます。水の表面に絵の具の模様ができますからそこへ紙を水面に置いてそっと引き上げますと、絵の具は紙のほうへ移し取られます。マーブル模様などが描けます。この技法をマーブリングといいます。

(5)スパッタリング
紙の上で、網目の模様の金網やプラスチックなどに、絵の具をつけた歯ブラシなどをこすりつけます。すると細かな飛沫になって絵の具が( ⑤ )ます。この技法ををスパッタリングといいます。私はこれで宇星雲を入れたポスターを描きます。一部の写真をここに示しました。

(6)ドリッピング
紙に絵の具たらします。乾かないうちに、その絵の具に息を( ⑥ )かけたり、紙を傾けたりして流れる模様を描きます。偶然、様々な模様が描けます。ドリッピングといいます。

こういった技法を絵やイラストに加えると表現の幅が広がります。


答え ①写し取る ②貼って ③折りたたん ④流し込み ⑤飛び散り ⑥吹き 

2016年12月23日金曜日

西洋の美術練習問題3

西洋の美術(18世紀から20世紀初頭)にかけての練習問題をさらにつくりました。

問1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選んで答えよう。

近代の美術は18世紀のフランス革命以降から19世紀のイギリスの産業革命の頃に大きく変化していきました。(①市民 貴族)社会が成立してその社会が発展するにつれて美術も大幅に変化しました。

主にこの時代には美術は、新古典主義、( ② )主義、写実主義の3つにわけることができます。そして今の日本でも愛好する人の多い19世紀末の( ③ )主義へとつながっていきます。そして象徴主義や後期印象主義へと変化していきます。

( ④ )主義
18世紀の後半、フランスを中心に古代への回帰がみられました。とくに古代ギリシャやローマの美術の形式美や写実を重視する風潮がみられました。( ⑤ )の描いた「オダリスク」などがその代表です。

ロマン主義
18世紀末から19世紀にかけて、異国情緒や神秘的なものがヨーロッパを中心に好まれるようになり広まりました。主の画家には「民衆を率いる自由の女神」を描いた( ⑥ )などがいます。

写実主義
実際の世界をありのままに描くことを重視する絵画です。( ⑦ )はその代表的な画家です。「波」などの作品があります。

バルビゾン派
パリの近郊の( ⑧ )村で活動した画家集団です。(⑨牧師 農民)の生活などをありのままに描きました。( ⑩ )の描いた「落穂拾い」が有名です。

印象派
屋外の明るい光を主眼に、周囲の情景を表現しました。( ⑪ )の「睡蓮」や「印象・日の出」、( ⑫ )の描いた「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」などがその作品です。

後期印象派
印象派の画風をさらに個性的に発展させました。( ⑬ )の描いた「ひまわり」、( ⑭ )の描いた「サント・ヴィクトワール山」、ゴーギャン「タヒチの女」などです。

印象派や後期印象派の画家たちに、日本の浮世絵は多大な影響を与えました。これを( ⑮ )といいます。



答え ①市民 ②ロマン ③印象 ④新古典 ⑤アングル ⑥ドラクロワ ⑦クールベ ⑧バルビゾン ⑨農民 ⑩ミレー ⑪モネ ⑫ルノワール ⑬ゴッホ ⑭セザンヌ ⑮ジャポニズム

2016年12月11日日曜日

人物画の練習問題

人物を描く上での練習問題です。

問1.つぎの文の( )に適当な語句を入れよう。( )に選択肢があるときは正しいほうを選ぼう。

人物は最も身近な対象ですが、なかなか手ごわいものです。なにしろ形が複雑に見えます。ところが人間のかたちはある程度(①規則 個性)的にできています。これを知っておくと、おかしなところの修正などが比較的容易にできます。

例えば、( ② )はちょうど顔面の長さ(頭の大きさ)のちょうど2分の1のところにあります。②の下のまぶたの位置がちょうど2分の1のラインになります。

それから(③眉 くちびる)の上の位置は顔面の3分の1です。同じく、鼻の一番高い(④鼻先 みけん)は上から3分の2のところです。

それから小学生の低学年の子供では4頭身半ぐらいですが、中学生の皆さんでは(⑤6~7 8~9)頭身、大人では7頭身から7頭身半ほどです。

ある程度こうしたことを理解したうえで人物を描きます。すると、今度は、その人の性格や(⑥表情 動き)をよく観察してみます。うれしそうな顔、緊張した顔、そわそわした様子などを描き分けることができるようになると楽しいです。さらにその人の個性や心情を描き分けられるようになるといいです。

答え ①規則 ②目 ③眉 ④鼻先 ⑤6~7 ⑥表情 


PR
中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

2016年12月4日日曜日

20世紀の美術練習問題2

20世紀の美術に関して練習問題をさらに作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選んで入れよう。

ゴッホやゴーギャンなどの時代を経て時代は20世紀の美術の世界となります。19世紀の末から(①アールヌーヴォー ロココ)の時代になります。印象派のあとは色や形はより自由に広がりを示すようになってきます。

絵の世界は画家の心の中に思い描いたものを表現する要素が中心となってきます。自分が感じたものを絵として表現するために、自由に形を変えたり、自然とは違う色を示したりもするようなります。こうした動きが世界に広がります。これこそアール・ヌーヴォーとの芸術運動です。花や植物・動物などの形などをモチーフにしたデザインや装飾などが好まれました。

それとはべつに、新しい動きとして美術の常識を打ち破る動きが起こりました。アンリ・マチスの( ② )(野獣派)やジョルジュ・ブラックやピカソなどの( ③ )もそういった流れの中の美術です。

そして③はもはや自然の形状を示すことから離れて、(④抽象 具象)芸術、そしてシュールレアリズムへとつながっていきます。

さらに現状の芸術の枠を打ち壊すという意味合いのある(⑤新古典主義 ダダイズム)などが起こります。

戦後の芸術は作家の意図や考え方などが重要とされるようになりました。芸術の価値観が変わりました。作家の込めたものを感じ取ったり、興味深い形をおもしろがったりする芸術がはじまりました。

ジャクソン・ポロックは、絵の具をたらして描いて偶然に生まれる面白さをキャンバスに表現しました。これを( ⑥ )といいます。

それからマルセル・デュシャンはただ便器を置いただけの「泉」という作品で人々を驚かせ、注目を集めました。

またアンディー・ウォーホルはスープ缶をいくつも画面に並べた作品を作りました。誰もが知っている既製品に表現を加えることで社会の一面を表そうと試みました。これを( ⑦ )といいます。


答え ①アールヌーヴォー ②フォービズム ③キュビズム ④抽象 ⑤ダダイズム ⑥アクションペインティング ⑦ポップ・アート

2016年12月2日金曜日

絵を描く道具

絵を描くには様々な用具があります。今日はおもな筆やペンについて紹介します。

鉛筆

まず、デッサンやクロッキーを行うとすれば鉛筆を使うことが多いと考えます。2B~4Bぐらいのやわらかめの鉛筆がデッサンには向いています。

消す際にはプラスチック製の消しゴムや練りゴムを使います。練りゴムとは形が変えられる消しゴムです。デッサンと言えば、本格的には木炭(木を蒸し焼きにして炭にしたもの)で描くことがあります。そして消す際にはパンの白い部分を使うこともあります。

鉛筆で描く際には、クロッキーの場合には短時間(数分~数10分間)で描きますからあまり細かい形にはこだわらず、大まかに大胆に描くようにします。その際に鉛筆を水彩筆をもつようにして描きます。

鉛筆は太さや濃さを自由に変えることができますので、様々なスケッチに用いることができます。色の濃淡や調子、物の材質感なども表すことができます。

ペン

ペンは細書き用のペンをよく用います。消すことはできませんから、鉛筆以上に思い切って描くようにします。影の部分や暗い部分には斜線を引くなどして濃淡で表します。硬い感じの細い線になります。

材質として竹や木を使った竹ペンや割りばしペンなどもあります。その場合にはインクをつけながら描きます。

パステル

幼稚園や小学校でよく使ったクレヨンは、油などで顔料を練って固めて使いやすくしたものです。それに対してパステルは顔料に少量だけアラビアゴムを加えてあります。したがって、パステルは紙にのせても鮮明な色がそのままのります。しかし、剥落しやすいので定着させる必要があります。紙の上で重ねたり、塗ったり、ゆびでこすったりすることが可能です。

独特な味のある線が得られます。

習字用の筆や水彩用の筆だけで、絵を描くことができます。水をしみこませてにじませたり、ぼかしたりさまざまな技法を使うことで、思いがけない効果を得ることができます。慣れてくるとあらかじめ、予想されたようににじませたりぼかしたりすることができるようになります。


濃淡や太さを自由に変えることができます。一般にやわらかい線が得られます。

2016年11月30日水曜日

西洋の近代美術の問題(その2)

近代の美術について、別の問題をつくりました。試験勉強の確認などに使ってください。

問1.次の各派に入る作家をそれぞれ下から選ぼう。
(1)新古典主義
(2)ロマン主義
(3)写実主義
(4)バルビゾン派
(5)印象派
(6)後期印象派

 選択肢となる画家: モネ  アングル ミレー ドラクロワ  クールベ  ゴッホ

答え (1)アングル (2)ドラクロワ (3)クールベ (4)ミレー (5)モネ
 (6)ゴッホ

問2.次の作家の代表的な作品をしたの選択肢の中から選ぼう。
(1)モネ  
(2)アングル 
(3)ミレー 
(4)ドラクロワ  
(5)クールベ  
(6)ゴッホ

作品:「ひまわり」、「オダリスク」、「落穂拾い」、「睡蓮」、「民衆を率いる自由の女神」、「波」

答え (1)睡蓮 (2)オダリスク (3)落穂拾い (4)民衆を率いる自由の女神 (5)波 (6)ひまわり

問3.次の問いに答えよう。

(1)印象派や後期印象派の画家たちに、日本の浮世絵は多大な影響を与えました。これを何といいますか。
(2)近代の美術は18世紀のフランス革命以降から19世紀のイギリスの産業革命の頃に大きく変化していきました。この社会の主役になったのは、貴族、市民、資本家のうちのどれですか。
(3)新古典主義は、フランスを中心に古代への回帰がみられました。どんな時代の美術へ回帰しようとしましたか。
(4)印象派の画家が重要視した室外のあるものとは何ですか。
(5)後期印象派の画家としてふさわしくないのは(ア)~(エ)のうちどの画家ですか。
 (ア)ゴッホ(イ)セザンヌ(ウ)マティス(エ)ゴーギャン

答え(1)ジャポニズム (2)市民 (3)古代ギリシャ、ローマ時代 (4)光 (5)マティス(彼はフォービズムの画家です)



2016年11月27日日曜日

色の効果の練習問題

色の効果について練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢があるときには正しいほうを選ぼう。

美術では色の学習をします。色使いはさまざま使っているうちに効果的な表現を身につけられるものです。その一方で原理を知っていると描く際に役に立つことがあります。

色を組み合わせると様々な効果が現われます。絵を描く際やポスターのデザイン、イラストを描く際にこうした配色に工夫を試みてみると、効果的に表現することができます。

それぞれの色の組み合わせで感じ方が異なります。重い感じや( ① )い感じがする色、涼しい感じ(( ② )色)や暖かい感じ(( ③ )色)がする色の組み合わせなどです。

例えば扇風機とこたつの宣伝をそれぞれする際に、どういった広告の色あいにするといいか想像がつきませんか。

それから弱い配色と、( ④ )い感じがする配色があります。彩度が( ⑤ )いと強い、(⑥コントラスト 高低)の大きい表現をすることができます。

そして後退色と( ⑦ )色。これも色の組み合わせ次第でどちらに色が進んでいくか決めることができますね。

答え ①軽 ②寒 ③暖 ④強 ⑤高 ⑥コントラスト ⑦進出
















2016年10月25日火曜日

20世紀の美術

ゴッホやゴーギャンなどの時代を経て時代は20世紀となります。

主な美術の動き


19世紀の末からアールウーヴォーの時代になります。印象派のあとは色や形はより自由に広がりを示すようになってきます。

絵の世界は画家の心の中に思い描いたものを表現する要素が中心となってきます。自分が感じたものを絵として表現するために、自由に形を変えたり、自然とは違う色を示したりもするようなります。こうした動きが世界に広がります。アール・ヌーヴォーと呼ばれる芸術運動です。花や植物・動物などの形などをモチーフにしたデザインや装飾などが好まれました。

それとはべつに、新しい動きとして美術の常識を打ち破る動きが起こりました。アンリ・マチスのフォービズム(野獣派)やジョルジュ・ブラックやピカソなどのキュビズムもそういった流れの中の美術です。

そしてキュビズムはもはや自然の形状を示すことから離れて、抽象芸術、そしてシュールレアリズムへとつながっていきます。

さらに現状の芸術の枠を打ち壊すという意味合いのあるダダイズムなどが起こります。

戦後の芸術は作家の意図や考え方などが重要とされるようになりました。芸術の価値観が変わりました。作家の込めたものを感じ取ったり、興味深い形をおもしろがったりする芸術がはじまりました。

ジャクソン・ポロックは、絵の具をたらして描いて偶然に生まれる面白さをキャンバスに表現しました。これをアクションペインティングといいます。

それからマルセル・デュシャンはただ便器を置いただけの「泉」という作品で人々を驚かせ、注目を集めました。

またアンディー・ウォーホルはスープ缶をいくつも画面に並べた作品を作りました。誰もが知っている既製品に表現を加えることで社会の一面を表そうと試みました。これをポップ・アートといいます。


2016年10月14日金曜日

金属で作る

金属を材料にして工芸品をつくることができます。

金属には、伸びる延性、うすい板状にできる展性などの性質があります。打ち出しの手法は、これらの性質を利用したものです。

金属の材料にはアルミニウムや銅などがよく用いられます。これらは柔らかいために加工がしやすいです。

金属をたたく手法は鍛金ともいわれます。上の打ち出しの手法はその一つです。

金属を溶かして、前もって作っておいた型に流し込んで作る手法を、鋳金(ちゅうきん)といいます。

さらに、金属の板などに彫刻をする手法を彫金といいます。彫ったところに金や白金などを詰めて美しくする手法を、象嵌(ぞうがん)といいます。

日本には、こうした手法による伝統工芸の技術が各地に伝わっています。
金属を細工する道具には、金切りばさみ、金属用ののこ、直刃(すぐば)や柳刃(やなぎば)、えぐり刃などがあり、それぞれ異なる用途に用います。

直刃は直線部分を切るのに用い、柳刃は、曲線を切るのに使います。えぐり刃は小さく曲線を切るのに有用です。



2016年10月11日火曜日

絵を描く道具練習問題

絵を描くには様々な用具があります。今日はおもな筆やペンについての練習問題です。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選んで入れよう。

鉛筆
まず、デッサンやクロッキーを行うとすれば鉛筆を使うことが多いと考えます。(①2B~4B 2H~4H)ぐらいのやわらかめの鉛筆がデッサンには向いています。

消す際にはプラスチック製の消しゴムや練りゴムを使います。練りゴムとは形が変えられる消しゴムです。デッサンと言えば、本格的には木炭(木を蒸し焼きにして炭にしたもの)で描くことがあります。そして消す際にはパンの白い部分を使うこともあります。鉛筆で黒く描いた後を消しゴムでとると、(②明る 暗)い部分を表現することができます。

鉛筆で描く際には、クロッキーの場合には短時間(数分~数10分間)で描きますからあまり(③大まか 細か)な形にはこだわらず、大胆に描くようにします。その際に鉛筆を(④習字 水彩)筆をもつようにして描きます。

鉛筆は太さや濃さを自由に変えることができますので、様々なスケッチに用いることができます。色の(⑤濃淡 タッチ)や調子、物の材質感なども表すことができます。

ペン
ペンは細書き用のペンをよく用います。消すことはできませんから、鉛筆以上に思い切って描くようにします。影の部分や暗い部分には(⑥糸 斜線)を引くなどして濃淡で表します。(⑦柔らかい 硬い)感じの細い線になります。

材質として竹や木を使った( ⑧ )ペンや割りばしペンなどもあります。その場合にはインクをつけながら描きます。

パステル
幼稚園や小学校でよく使った(⑨クレヨン 墨)は、油などで顔料を練って固めて使いやすくしたものです。それに対してパステルは顔料に少量だけアラビアゴムを加えてあります。したがって、パステルは紙にのせても鮮明な色がそのままのります。しかし、剥落しやすいので定着させる必要があります。紙の上で重ねたり、塗ったり、ゆびでこすったりすることが可能です。

独特な味のある線が得られます。

習字用の筆や水彩用の筆だけで、絵を描くことができます。水をしみこませてにじませたり、ぼかしたりさまざまな技法を使うことで、思いがけない効果を得ることができます。慣れてくるとあらかじめ、予想されたようににじませたりぼかしたりすることができるようになります。

濃淡や太さを自由に変えることができます。一般に(⑩やわらかい 硬い)線が得られます。

答え ①2B~4B ②明る ③細か ④水彩 ⑤濃淡 ⑥斜線 ⑦硬い ⑧竹 ⑨クレヨン ⑩やわらかい

2016年9月29日木曜日

工芸品をつくる

日常の生活に必要な使いやすさや美しさを兼ね備えた道具を工芸品といいます。

工芸品を作る際には材料を選ぶ必要があります。材料には、木、紙、金属、土、ガラスなどがあります。

こうした材料の中から目的の品に適した材質のものを選びます。

例えば曲げたり編んだりするには、糸、ひも、竹、籐(とう)などが線材として使えます。

曲げたり、折ったり、切ったりする細工を行うには、金属の板や紙などが面材として適合します。

削ったり、組み合わせたりするには、土や石などの塊材がうってつけです。

それではそれぞれの材料ごとの特性について説明します。

木は、手になじみ、温かみがあります。様々な加工がほかの材料と比較して容易です。ただし、木目があるので細工する際に注意が必要になります。

金属は、冷たく硬いです。しかし丈夫です。展性や延性といった性質を持ち、たたいたり伸ばしたりする細工に向きます。ほかの材料と比較すると加工しにくいです。

紙は、やわらかです。曲げる、折る、編むなどさまざまな加工が容易です。ただし水にぬれると変形したり、燃えやすかったりするなどの性質があります。

土は、かたちを作ることが容易です。いったんかたちをつくり、乾燥させるとその形を維持します。高い温度を加えると、とても丈夫で変形しなくなります。


ガラスは、かたいですが、高い温度で溶かすことができ、その状態ならばさまざまな形状に加工できます。そして冷えるとその形を維持できます。落としたりたたいたりするともろい欠点があります。光を通すことができます。
教科書トレーニング全教科書美術
中間・期末テスト ズバリよくでる 技能教科 全教科書版 美術

2016年9月21日水曜日

漫画家になりたい

漫画家やイラストレーター、デザイナーになりたいと思う人がけっこういるようです。そういう人はぜひ読んでみてください。


わたしは、絵の教室も運営しています。そのため、上で書いたような職業につきたいという児童や生徒も絵を教わりに来ます。


そこでよく話をするのが、どれだけ絵を描くかということです。やはり、上で上げたような職業に就こうと思うとなると、たくさんの絵を描く経験とともにそれを時間を忘れて没頭するようなところが自分にあるかということです。


しかも絵やデザイン、漫画に関してはもちろんですが、その周辺の情報や学習に関しても、自分からすすんで行うことがまずは必要ではないかと考えます。


何かひとつのことを極めようと思ったら、寝食を忘れて(あまりおすすめしませんが)それに没頭することはごく普通のことですし、そのレベルの人たちは、きびしいようですが、星の数ほどいます。


そのなかでプロになること、つまりそれを生業として報酬を得るほどになれるかは、やはり、そのセンスをいかに磨いてきたかにあると考えます。


それにいかに時間を費やして、自分の糧にしてきたかということです。自分の個性を表現すること(これは昨日ブログに書きました)はこれからどのような職業でもまちがいなくプラスに作用するでしょう。


とくにこのようなクリエーターの仕事につきたい人は、次々とアイデアが浮かんでくるようでないと困ります。


すこし厳しい書き方をしたかもしれませんが、プロをめざすとはこういうことですし、実際には運もめぐってこなければ努力だけでカバーできるものでもないようです。しかし、努力なしでは運も巡ってはきません。それだけはたしかなことです。


えらそうなことを書きましたが、私自身美術をプロとして選択しなかったのは、そのあふれ出るような才能にはどうも自分は恵まれていないようだと言うことと、むしろ自分は後進を教育して美術の裾野を広めるほうの役回りが合っていると気付いたからです。

上に書いてきたようなことであっさりあきらめてしまうのであれば、その気持ちはそれほど強くはないということかもしれません。べつのよりあなたにふさわしい分野があるでしょう。逆にこんなことぐらい、と気にもしないぐらいの気概がある人がプロで活躍できる人でしょう。

<br>

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4424308014/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4424308014&linkCode=as2&tag=amagaeru01-22">中学 実技4科 得点UP問題集内申書で差がつく (中学得点UP問題集)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=as2&o=9&a=4424308014" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

このブログの人気記事

多くの学校では試験が終わり、一息ついている時期でしょうから、ここで今回の試験のまとめをブログのアクセスの状況からみてみましょう。

このブログでもっとも人気の高かった記事を3つ挙げます。

1.構成美の要素
2.モダンテクニック
3.遠近法

この3つはいつも上位です。今回もそうでした。構成美の要素は、まとめと問題ともベスト3に含まれます。この単元だけで全体のアクセスのうち、16%余りを占めるほどです。

皆さんが、「構成美の要素」で悩んだり、わかりにくいと感じていることがよくわかります。

それにつづいてモダンテクニック。いずれもカタカナの用語(スパッタリングなど)が続きます。理解しにくい単元です。実際に実技で行ってみるとそれぞれの技法自体は、易しいものだとわかるのですが。

それに続いて遠近法です。遠近法で絵を描くことがなかなかできないのは中学生の悩むところかもしれません。中1では、技術家庭科やまもなく数学でも立体図形を学びますが、その中で作図も出てきます。

立体を正確にイメージできるようになっておくことは、美術だけでなくさまざまな教科で役立ちます。


それにしても多くの皆さんにアクセスいただいて、作っている私も感謝しています。ありがとうございます。これからもご利用ください。

2016年9月14日水曜日

竹を使った工作

竹は身近で使いようによってはさまざまなかたちに加工することができます。そして丈夫できれいな形状を作ることができます。

たけひご、たてに割って垣根に利用したり、さらに細かく割っていくと竹紐やひごになり、かご、笠等の入れ物や実用品などにもできます。

またほそい笹や細い竹などはそのままで筆の絵や竹ペンなどとしても利用できます。美術の世界でも竹はさまざま利用できる可能性があります。

そこで基本的な竹の加工の仕方を紹介します。


竹の切り方
竹を竹びきのこぎりなどで竹林から切ってきてしばらく軒下などにおいて乾燥させます。1~2年ほど置いて色が薄茶色になった竹は軽く弾力があり加工しやすくなっています。

この竹を加工しやすい長さにのこぎりやなたで切ります。丸い竹は手前側にまわしながら切っていくと切りやすいです。


竹の割り方
そしてさらに竹の繊維にそって縦割りします。その際には刃の厚いなたで割ります。太い丸い竹は末(こずえ)のほうから割ると簡単に割ることができます。それに対し、細い竹は根元のもとのほうから割ります。いったん割った竹をさらに割るときには、皮の外側のほうから切るとうまく切ることができます。ふつうは二等分しながら割っていきます。

使い道に応じて、竹を縦に細かく割っていきます。たけひもやたけひごはその厚さや直径に応じた穴にとおすことで均一なものを得ることができます。

竹の削り方
竹を削るときには押して削る場合と、引いて削る方法があります。押して削るのは竹とんぼなど細かく短いたけをけずるときに使います。鉛筆を小刀やカッターナイフで削るのと同じ方法です。

引いて削る場合には、長い竹を削るときなどに使います。台の上に布などを敷きその上に竹を置きます。その上に小刀をあてて腕を布上で固定し、竹を挟んで小刀が動かないようにしながら、竹を手前に引いて削っていきます。

小刀の角度を変えて削ることで一度にたくさん削ることもできますし、うすく削ることもできます。

竹の曲げ方
竹を曲げるときは火であぶると簡単に曲げることができます。ふつうは曲げる部分の外側を(皮のほう)をあぶり、手前に両腕を近づけるようにして曲げていきます。目的の曲げ具合になったら水につけるとそのまま曲がったままの状態を維持できます。

厚みのある竹を曲げるときは、内側を少し削ってから曲げるとうまくいきます。



中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

竹の工作の練習問題

竹の工作に必要な技法についての練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。なお、( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。

竹は身近で使いようによってはさまざまなかたちに加工することができます。そして(①丈夫 精密)できれいな形状を作ることができます。

竹は、切って垣根に利用したり、さらに細かく割っていくと竹紐や( ② )になり、かご、笠等の入れ物や実用品などにもできます。

また細い笹や竹などはそのままで絵を描く際の( ③ )の柄や竹ペンなどとしても利用できます。美術の世界でも竹はさまざま利用できる可能性があります。

答え ①丈夫 ②竹ひご ③筆


2.つぎの竹の加工法に関する文の( )に適語を入れよう。なお、( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。

竹を竹びきのこぎりなどで竹林から切ってきてしばらく軒下などにおいて( ① )させます。1~2年ほど置いて色が薄茶色になった竹は軽く弾力があり加工しやすくなっています。

この竹を加工しやすい長さにのこぎりや( ② )で切ります。丸い竹は(③手前 奥)側にまわしながら切っていくと切りやすいです。


竹の割り方
そしてさらに竹の繊維にそって(④縦 横)割りします。その際には刃の厚いなたで割ります。太い丸い竹は(⑤末 根元)のほうから割ると簡単に割ることができます。それに対し、細い竹は(⑥根元 末)のほうから割ります。いったん割った竹をさらに割るときには、皮の外側のほうから切るとうまく切ることができます。ふつうは二等分しながら割っていきます。

使い道に応じて、竹を縦に細かく割っていきます。たけひもやたけひごはその厚さや直径に応じて引いて削ったり、穴にとおしたりすることで均一なものを得ることができます。

竹の削り方
竹を削るときには押して削る場合と、引いて削る方法があります。(⑦押して 引いて)削るのは竹とんぼなど細かく短いたけをけずるときに使います。鉛筆を小刀やカッターナイフで削るのと同じ方法です。

それに対して、(⑧押して 引いて)削る場合には、長い竹を削るときなどに使います。台の上に布などを敷きその上に竹を置きます。その上に小刀をあてて腕を布上で固定し、竹を挟んで小刀が動かないようにしながら、竹を手前に引いて削っていきます。

小刀の(⑨大きさ 角度)を変えて削ることで一度にたくさん削ることもできますし、うすく削ることもできます。

竹の曲げ方
竹を曲げるときは火であぶると簡単に曲げることができます。ふつうは曲げる部分の(⑩外 内)側を(皮のほう)をあぶり、手前に両腕を近づけるようにして曲げていきます。目的の曲げ具合になったら水につけるとそのまま曲がったままの状態を維持できます。

厚みのある竹を曲げるときは、内側を少し削ってから曲げるとうまくいきます。


答え ①乾燥 ②なた ③手前 ④縦 ⑤末 ⑥根元 ⑦押して ⑧引いて ⑨角度 ⑩外
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

2016年9月12日月曜日

ポスター練習問題

ポスターの政策に関して練習問題を作りました。

問1.次の文の( )内の選択肢からふさわしい語句を選んで入れよう。

ポスターは様々な活動を(①宣伝 検査)したり、知らせたりするのに用いられます。したがって多くの人に見てもらいやすく(②内容 でき具合)を理解してもらいやすいものとすることが必要です。

したがって美術の技法を使うことで、印象深く内容を伝えたり、伝えたいことを(③強調 見えにくく)したりして効果的に伝えることができます。

答え ①宣伝 ②内容 ③強調

問2.次の文の( )に適当な語句を入れよう。

(1)( ① )を選ぶ
ポスターを作る際にこういった手順でつくっていくと効率よく作成することができます。
まず、テーマを決めます。そして伝えたいことを選びます。学校や主張したいこと、社会のこと、町の催しなどテーマをはっきりさせます。

(2)( ② )収集
そしてテーマを決めたらその内容に関して資料を収集します。例えば写真や情報、そしてそのテーマの周辺の情報を集めてポスター作りに生かします。



(3)( ③ )スケッチ
(1)と(2)をもとにアイデアを自由にスケッチしていきます。この段階ではあまり固定的に考えず、連想して思い浮かんだことを書き出していきます。

4)( ④ )コピー
ポスターではアイキャッチとなるキャッチコピーが重要です。目立つ位置と色で伝えたいことに関するキャッチコピーを考えます。

それと同時に、何を、いつ、どこで、何をなど催しならば必ず必要となる要素を漏らさず、整理してみます。

(5)( ⑤ )
(3)や(4)で構想した内容をどのように配置するか、効果的に伝えるにはどのような位置がよいか考え実際に描いてみます。その際、配色などもおおまかに同時に考えていきます。

(6)( ⑥ )
(5)でまとまったものを下書きしてみます。この段階で荒い線や面だったものを、よりよい洗練されたものに徐々にしていきます。

(7)( ⑦ )色・彩色
(5)と(6)で絞ってきた構想図に関して本格的に配色を決定していきます。そしてひと通り配色し終えたところで確認します。

問題がないということならば彩色に移ります。広い面に当たる部分から着色していきます。場合によってはバックから着色することもあります。


答え ①テーマ ②資料 ③アイデア ④キャッチ ⑤レイアウト(配置) ⑥下描き ⑦配

2016年9月8日木曜日

金属の工芸品

前回で200記事に到達しました。皆さまいつも利用してくださってありがとうございます。

金属を材料にした工芸品についての練習問題です。

1.次の問いに答えよう。
(1)金属が伸びる性質を何といいますか。

(2)金属の工芸品の材料としてよく使う金属をあげよう。

(3)(2)の金属を使う理由をあげよう。

(4)金属をたたく手法は次のうち何といいますか。記号で選ぼう。
 ①彫金 ②鍛金 ③鋳金

(5)(4)の①~③の選択肢の手法のうち、金属を溶かして、前もって作っておいた型に流し込んで作る手法を何といいますか。記号で選ぼう。

答え (1)延性 (2)アルミニウム(あるいは銅) (3)やわらかかくて加工しやすいから (4)② (5)③



中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

2016年7月31日日曜日

空想の世界の画家たち

頭の中で考えた世界を実際に紙に描いて表現することは楽しいことです。昔からそうした絵を描く画家がいました。

エドヴァルト・ムンクはノルウェーの画家です。ムンクの「叫び」は一度見ると忘れられない絵です。さまざまなグッズにもなっていますね。この絵に登場する人物は何を叫んでいるのでしょうか。

まさに緊迫した状況を絵の色彩やうねりが表しています。不安な気持ちが湧いてきます。

一転して、ベルギーのルネ・マグリット。彼はとてもリアルな絵を描きました。リアルなのですが、物と物の関係や、位置、状況が不条理な世界を描いて、その絵を見る人を不思議な世界へといざないます。こうした表現をシュルレアリズム(超現実主義)といいます。このほかにもイタリアのジョルジョ・デ・キリコなどがいます。

心の奥を表現するこうした絵はさまざまな形で描かれています。マルク・シャガールもそうした画家の一人です。美しい青や赤、黄などの豊かでやさしい色彩のなかに自由に人物や動物が配された絵を描きました。その独特なファンタジーのような世界観は今もって人気があります。アンリー・ルソーも不思議な世界を描きました。「ヘビ使いの女」などはそうした代表作のひとつです。

2016年7月16日土曜日

そぼくだけど心ひかれる絵

多くの皆さんは、絵を上手に描きたい、どうやったら思った通りに描けるのだろうと一度はお思いになったことでしょう。

さて、その結果はどうですか。世の中の人々の多く、これには画家も含めてかもしれませんが、その目標や夢はなかなかかなえられていないかのようです。

じつは多くの人にとって絵を上手に描きたいというのは画家のように描きたいあるいは、画家のようには描けなくてももう少し思った通りに描きたいということだと思います。

それが最近では、そうでもなくなっている部分もあります。私の親しんでいる作家のひとりが椎名誠です。

この人の表す書物の多くに挿絵を描いているイラストレーターに沢野ひとしがいます。じつは二人は幼馴染です。

椎名氏は、沢野氏の一見頼りなげに見える絵を「グラム何円」といふうに最初は買っていたという逸話が残っています。椎名氏は沢野氏の絵を評価して自分の著作に使っていたことになります。

しかし、沢野氏はこの自分の絵のスタイルを確立します。この頼りなげな絵が世間の評価も得たことになります。決して従来の絵の価値観からは、評価の対象にすらならないタイプの絵です。

したがってこのようなタイプのイラストや絵は、この2021世紀の世界ではごくふつうになりつつあります。絵に対する価値観が大幅に変わり、世の中の人もそれがごく当たり前と思えるような時代になったといえます。

これを最初に世に出した人はさぞかし勇気がいったのでは、とお思いかもしれません。じつは西洋にもアンリ・ルソーなど「素朴派」などと呼ばれている画家がいます。

彼は、かなり年齢がすすんでから絵を描くようになります。しかもそれは独学で我流です。まわりの人々は最初は、彼のデッサンや絵のおかしな点を指摘することに終始します。

でもピカソやゴーギャンは違いました。彼の絵の持つ独特の世界観に築いてピカソら自身にはないものを発見したといわれています。

それ以降、彼の絵の本当の価値に気づいた人々が増え、彼の絵は一定の価値と美術史上に名を遺すまでになりました。

こうしたタイプの絵が世に認められ、世界中の人々が愛好する対象になってきました。

このブログでは何度かこのことに触れてきました。もはや絵はうまく描くことや、そっくりに見えることのみの価値観だけで表されるものではありません。

様々な価値観があり、それは絵を描く人の個性や考え方の多様性の現れです。

ですから、基本的にどのように描いてもいいのだということです。ただし、無茶苦茶にやっていいということではありません。

支離滅裂とスタイルを確立することを混同し、はき違えてはいけません。無茶苦茶では長続きしませんし、人々の感動や共感も得られないでしょう。


表現を楽しむのが美術や芸術です。人のあり方にも通じるものの見方です。その意味ではいい時代だと思います。

2016年7月15日金曜日

200記事達成

このブログの記事が200記事を超えました。この記事で202記事目です。美術の内容で200個書けるかなと最初は思いながら始めたブログでした。

このブログを見てくださっている方々に、さまざまな年齢や立場の方がいることが想像できます。

そういった方々の期待を裏切らないように、まとめや問題作りをこれからもしていこうと思いました。

最近は、ここ23か月の記事の問題を繰り返し、更新の筆を入れながら掲載しています。この方が中学生の皆さんがまんべんなく様々な単元や内容をPCやスマホを開くだけで接することができると考えたからです。

一般の方々がご利用なさる上では、何で同じ内容の記事を繰り返し載せるのだろうとお思いの方もいらっしゃることでしょう。

上のような理由から始めた次第です。「小さな塾」の生徒たちも利用しています。

生徒たちにも聞きながらもっとこうした方がいいとか、もっと図をのせてほしいとか要望があります。


限られた時間の中でやりくりするのは限界もありますが、なるべく充実させていこうと思います。むしろこれまでの記事にこれからは図を加えたり、加筆したりするほうがよりわかりやすくできるかもしれません。

2016年7月5日火曜日

たなばた飾り

今日久々に街に出ました。私の住む場所は、町はずれの中山間地で、一番近くのスーパーまで4㎞あります。それでも集落には大手コンビニ3社の店がそろっている不思議なところです。

さて、出かけた街は10㎞ほど離れたところで、最近えきがリニューアルされ、見違えるようになりました。暑い日差しの中、歩いていると、うしろにささをのせている軽トラックを見かけました。

笹なんかどうするんだろうと、思いました。あっ、そうか七夕かとやっと気づきました。あさっては七夕でした。

七夕と言えば七夕飾り。私の出た小学校は毎年、教室を出た廊下に、七夕飾りをずら~と並べて壮観でした。そして風情がありました。季節も感じました。

このように日本には季節を感じる飾り付けがいくつかあります。外国のものまで取り入れて、今ではクリスマスやハロウィンまで取り入れられ、季節を感じるアイテム、デコレーションとして定着しています。

ここ数年、私の住む地域では77日には雨にたたられています。このところ晴れが続いていますから、今年あたり、織姫と牽牛は出会えないでしょうか。



2016年5月10日火曜日

風景画を描く自由

風景画を描くときに、描きにくいと感じたことはありませんか。そんなときにはこのようにやっても構いません。


風景画は見たとおりに描く必要はありません。形や陰影を正確に描く練習はデッサンで行えばよいことで、風景画ではそれはあてはまらないこともあります。


風景画を描くときは、そのデッサンのときの正確さはある程度省いて構いません。


つまり、風景の中に電線が見えていたとします。見取り枠の中の風景をどう切り取っても電線が入ってしまうというときがあります。それを忠実に描く必要は全くありません。


自分が気に入って、構図もよければ電線を描かないでいいし、屋根がわらの枚数が合ってなくてもいいです。見たままの色でなくて、自分が感じるまま、ぬりたい色をぬればいいです。そして輪郭線に忠実描く必要もありません。


基本的に絵を描くときは自由です。やっていけないことはほとんどありません(ただしテーマやねらいがある場合は別です)。風景画もそうです。自分の表現でいいです。


さらに省略したり、場所を変えて構図をよりよくしてもいいです。風景とは自分が得た感動を、絵の表現によってより味わいやすくする働きがあります。


したがって見たままでは、感動をそがれたり、興味が薄れたりするものは省いて構いません。


また、木々や植物の生長の勢いなど自然の素晴らしさ、荒々しさなどに気付いたら、その勢いを自分の描く線や色に表してみましょう。


感じたままを表現できることはすばらしいことです。それを表現できたとしたら、あなたは絵の才能にあふれていることになります。


風景のすばらしさや、形や構図の面白さが絵を見る人に伝わり、感動をともに味わえるように描けるととても楽しいです。すばらしい絵とはそういうものと考えます。







2016年5月9日月曜日

漫画家になりたい2

「漫画家になりたい」は反響がありました。そこでさらに書いてみました。わたしはマンガの関係者でも何でもありません。

そのことだけは断っておきますし、そのつもりでお読みください。そしてこれは漫画家だけでなく画家などの芸術家についても同じことがいえると思います。


最近の漫画家は、絵を描く人とマンガの筋書きというか、内容というかそういう分業になっている場合もあります。


しかし、当面は自分で内容もあれこれ練って、絵も描いていくことでしょう。キャラクターもごく平凡なものでは、この漫画どこかでみたような・・・ということになってしまいます。


それに漫画を描く技術は、やはり描き続けることで上達します。プロの作家でもコミックの最初のほうと後半のほうでは絵が違う人も多いです(これはアシスタントなどの助力もあるかもしれませんが)。


したがって、マンガについて基礎を学ぶことはとても大切です。さまざまな技術的なことも必要になります。


それからこちらも大切なことですが、世の中のしくみや社会のことに興味をもち、関心を高めておくことも大事です。


なぜなら、今の人々が何を求めてどんなことに感動し、何を面白がっているかを知ることは、マンガを作る上でとても大切だと思います。


それが直接自分が書く漫画に役立つことはそんなに多くないかもしれません。しかし、どんなことでも広いアンテナを張り巡らし、さまざまなことに興味を持つことは大事です。


ものごとを面白がる性質は、漫画家が備える最も大切な特質ではないでしょうか。つまり何を面白がるかをよく知っているということです。これはセンスかもしれませんし、才能かもしれません、独特の嗅覚を通じて養われることかもしれません。


したがってここでは何もその特質についてとやかくは言いません。でも、少なくとも絵を描くこと(背景も含めて)にあくなき探究心を燃やし続けることができるか(一生かもしれませんし、仕事にするならば生活がかかっていることもお忘れなく)を、よく自覚した上でやり続けことになります。


本当にマンガで収入を得ている人は、細い細い三角形の頂点の、そのまた上の見えなくなった先ほどでしかありません。そしてマンガだけで生活ができている人はそのまた上の三角形の頂点の先でしかありません。


プロとなるために、そこまでの情熱をもちつづけることができるか、それとも趣味として他の仕事のかたわら、漫画を描くことを楽しみとするかのいずれかです。









2016年5月6日金曜日

読まれている記事

このブログにはすでに130あまりの記事があります。このなかでもっとも読まれているのは、構成美の要素やモダンテクニックに関する説明や練習問題です。


もちろん、これらの記事は美術のもっともよく利用される手法に関する分野ですから、当然といえば当然かもしれません。


私が具体例に示した図が適切かどうかはわかりませんが、具体的になるべくわかりやすくしようと言う意図があることはご理解ください。


それから、鑑賞については著作権の問題を避けるわけにはいきません。著作権を違反してまで、ブログに載せようとは思いません。


これらの記事の説明で掲載している画家の作品などは、ご面倒かもしれませんが教科書や資料集、画集などで確認しながら学習をお願いいたします。


あとは「構図」に関する記事がよく読まれています。皆さん絵の構図に苦労されている様子が目に浮かびます。


絵をたくさん描いていくうちに、だんだん構図に関しては身についていく機会が出てきます。アドバイスをもらえる方が身近にいる場合には絵を見てもらって意見をもらいましょう。





2016年4月28日木曜日

自分の主張

美術では自分の表現したいことを主張することが求められます。逆に言うと、うまいへたはあまり重要でないと極論することもできるでしょう。


したがって、自分が思う主張したいことを、思うとおりに表現できるか、このことが重要といえます。したがって、つたない表現であっても人の心を打つ表現はできると考えます。ただし、何を主張しているのかわからないのではなかなか人にそれを伝えることはできません。


それで、中学校ではその人に何か自分の言いたいこと、したいこと、興味を持ったことを伝えることを学びます。美術はこのように自己表現法の一部といえます。


必ず将来どの分野に進んでも美術を学んだことはプラスになることは間違いありません。おろそかにしているのはじつにもったいないことです。


あとでああ、もう少し、美術のことを知っておけばよかった、身につけておけばよかったと思うことがあると考えます。実技教科にはそう思える要素がじつにたくさんありますから。


<br>

<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4424308014/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4424308014&linkCode=as2&tag=amagaeru01-22">中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=amagaeru01-22&l=as2&o=9&a=4424308014" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

2016年4月5日火曜日

美術へようこそ

1、高1の皆さん進学おめでとうございます。

小学校、中学校で図画工作(美術)をやってきてその楽しさに気づく人もいるでしょう。他の授業と違って、製作に集中していると時間を忘れてしまうときもあります。

自分の表現するままに製作できるのですから、これほど自由な教科はないことになります。したがって、美術の様々な技法の基本を学んで自分のものにした上で、感性にしたがって自分の表現したいように表現できるようになるとさらに楽しさが増します。

この点は音楽でも味わうことができますが、美術はさらにその幅や表現法が多岐にわたります。

これから美術の技法や表現、過去から現代の芸術について学んでいきましょう。美術を好きになれれば、試験を受けたり勉強したりすることも苦痛には感じなくなるでしょう。


人によっては中学や高校だけでなく、これからの長い人生で美術を趣味にできることもできます。

2016年2月17日水曜日

日本の伝統的な色 (その2)

日本には周りの身近な自然から取り入れた伝統的な色がいくつかあります。どの色も落ち着きのあるいい色です。やはり日本の風土や自然に根付いて親しまれたものが多いのだと思います。
ミニシクラメン

それではネット上でどれだけ再現できるかどうかわかりませんが、いくつか代表的な色について紹介したいと思います。「え~これ違うよ」という方もいらっしゃると思いますが、私の能力では画面上に表現できる精一杯です。どうかお許しを。鶯(うぐいす)色など表現できるものなのでしょうか。

こうして見ると、言葉の語感や音も美しいです。しかし文字の読みや書きも難しいものが多いですね。色の後ろの言葉はあくまでわたしの感想です。

茜(あかね)色:アカネの根で染色したときの色。ややしずんだ赤というところ。

藤(ふじ)色:藤の花の色。

瑠璃(るり)色:七宝のひとつで青いの宝石の色、紫色を帯びた藍色でしょうか。

茜色,藤色,瑠璃色


緋(ひ)色:濃い明るい赤のことです。濃い紅色。

蒲(かば)色:ガマ(蒲)の穂の色です。赤みを帯びた黄色です。

鶯(うぐいす)色:ウグイスの背中の色。緑に茶と黒を混色した感じ。うぐいす茶。
緋色,蒲色,うぐいす色


青竹(あおたけ)色:文字通り青い竹の色。

琥珀(こはく)色:木の樹脂が固まったものの色。紅茶の飴のような色。

萌黄(もえぎ)色:ネギの萌え出るような青と黄色の間。黄緑かな。
青竹色,琥珀色,もえぎ色


浅葱(あさぎ)色:うすいネギ、葱(き)の葉の色のこと。うすい藍色、水色のこと。

縹(はなだ)色:うすい藍色のこと。露草の異称が縹草なのでツユクサの花の色かな。

黄蘗(きはだ)色:ミカン科のキハダの樹皮で染めた色。鮮やかな黄色です。


浅葱色,はなだ色,きはだ色

2016年2月13日土曜日

イラストを色鉛筆で描く

手っ取り早く、お金も手間もかけずにイラストを書いてみたいという方には色鉛筆画がおすすめです。
スイセン

私も最初は色鉛筆かぁと、少しマイナスイメージに近いものを持っていましたが、描いてみると結構奥が深いことがわかってきました。

もちろんデッサンやクロッキーの基本を行いつつ行ったほうが、自分の思うように描けるようになるのには近道でしょう。しかし、自分の想いを自由に描くのであれば、多少の絵のゆがみや矛盾をあまり気にしないで、好きなだけ時間をかけて描くことができます。

色鉛筆画のコツは、最初はうすい鉛筆で下書きをするといいですが、その後は気に入った色でその下書きをなぞるように、あるいは、色の面を作っていくように、極めて薄い色を塗り重ねていくことです。

以下のようにさまざまな色の色鉛筆について、ぼかしたり、重ねたりの練習をしてみるとどのくらいの調子で置いていくとよいかつかめるようです。


いきなり濃い色を置くことはかえって元に戻しにくいこと(ある程度消しゴムで消せますがなるべく使わないで描きます)になりがちです。したがって、薄過ぎるかなあというぐらいがベストです。そして気に入った色あいや組み合わせ、雰囲気が出つつあるようなら、次第に濃い色を重ねていきます。

色の濃淡もそうですが、明暗についてもそうです。いきなり暗い色では、調子の段階をとりにくくなりがちです。明るい色からだんだん暗い色に(しかも最初は薄めに)していくとうまくいくようです。

こうして描いた一例です。



2016年2月11日木曜日

日本の美術(後半)の練習問題

室町時代以降の美術についての練習問題です。試験などで利用してください。

問1.次の文は室町時代から安土桃山時代の日本の美術に関する文です。( )に適語を入れよう。

室町時代の美術には、当時日本に伝わってきた( ① )宗の影響があります。( ② )の描いた( ③ )画は中国に学び、独自の境地にまで至った画風です。中でも秋冬山水図が有名です。

建築では足利義満が建てた( ④ )文化の鹿苑寺( ⑤ )があげられます。足利( ⑥ )の建てた慈照寺( ⑦ )は東山文化を代表する( ⑧ )造の建築です。①宗様の様式も有します。こうした様式は今の日本の和風建築にも連綿と受け継がれています。

桃山時代には、武家と豪商の絢爛豪華な様式がもてはやされました。絵画は( ⑨ )画が描かれました。( ⑩ )の描いた松林図屏風は屏風絵として描かれました。建築では天守閣をもつ城郭建築が発達しました。姫路城は城の全域が残る最大のものです。

答え ①禅 ②雪舟 ③水墨 ④北山 ⑤金閣 ⑥義政 ⑦銀閣 ⑧書院 ⑨障壁 ⑩長谷川等伯

問2.次の文は江戸時代から明治時代の日本の美術に関する文です。( )に適語を入れよう。

江戸時代には、
(1)( ① )文化…大阪の商人や町人を中心にした上方文化
(2)( ② )文化…江戸の町人を中心にしたしゃれやこっけいを楽しむ文化
に時期によって分けられます。

元禄期に菱川師宣をはじめとして( ③ )絵が描かれるようになり、化政期になるとこの③絵は、版画として多く刷れるようになり庶民に広がります。喜多川歌麿(( ④ )画)、東洲斎( ⑤ )(役者絵)、安藤広重、葛飾( ⑥ )(富嶽三十六景)など、のちの西洋の印象派以降の画家たちにも大きな影響を与える作品を残しました。

絵画では狩野派の狩野( ⑦ )(御用絵師)、俵屋宗達の( ⑧ )図屏風、尾形( ⑨ )が知られます。円山( ⑩ )(円山四条派)、与謝蕪村(文人画)、建築では桂離宮や二条城が有名です。

明治期以降の美術
西洋美術が流入し油絵の技法が広まります。そして日本の美術が( ⑪ )や岡倉天心などによって見直され復興します。

横山( ⑫ )、橋本雅邦、狩野( ⑬ )などの日本画家や、高橋由一、黒田( ⑭ )、岸田劉生などの洋画家が活躍しました。彫刻では高村( ⑮ )などが知られています。

答え ①元禄 ②化政 ③浮世 ④美人 ⑤写楽 ⑥北斎 ⑦探幽 ⑧風神雷神 ⑨光琳 ⑩応挙 ⑪フェノロサ ⑫大観 ⑬芳崖 ⑭清輝 ⑮光雲