2016年10月25日火曜日

20世紀の美術

ゴッホやゴーギャンなどの時代を経て時代は20世紀となります。

主な美術の動き


19世紀の末からアールウーヴォーの時代になります。印象派のあとは色や形はより自由に広がりを示すようになってきます。

絵の世界は画家の心の中に思い描いたものを表現する要素が中心となってきます。自分が感じたものを絵として表現するために、自由に形を変えたり、自然とは違う色を示したりもするようなります。こうした動きが世界に広がります。アール・ヌーヴォーと呼ばれる芸術運動です。花や植物・動物などの形などをモチーフにしたデザインや装飾などが好まれました。

それとはべつに、新しい動きとして美術の常識を打ち破る動きが起こりました。アンリ・マチスのフォービズム(野獣派)やジョルジュ・ブラックやピカソなどのキュビズムもそういった流れの中の美術です。

そしてキュビズムはもはや自然の形状を示すことから離れて、抽象芸術、そしてシュールレアリズムへとつながっていきます。

さらに現状の芸術の枠を打ち壊すという意味合いのあるダダイズムなどが起こります。

戦後の芸術は作家の意図や考え方などが重要とされるようになりました。芸術の価値観が変わりました。作家の込めたものを感じ取ったり、興味深い形をおもしろがったりする芸術がはじまりました。

ジャクソン・ポロックは、絵の具をたらして描いて偶然に生まれる面白さをキャンバスに表現しました。これをアクションペインティングといいます。

それからマルセル・デュシャンはただ便器を置いただけの「泉」という作品で人々を驚かせ、注目を集めました。

またアンディー・ウォーホルはスープ缶をいくつも画面に並べた作品を作りました。誰もが知っている既製品に表現を加えることで社会の一面を表そうと試みました。これをポップ・アートといいます。


2016年10月14日金曜日

金属で作る

金属を材料にして工芸品をつくることができます。

金属には、伸びる延性、うすい板状にできる展性などの性質があります。打ち出しの手法は、これらの性質を利用したものです。

金属の材料にはアルミニウムや銅などがよく用いられます。これらは柔らかいために加工がしやすいです。

金属をたたく手法は鍛金ともいわれます。上の打ち出しの手法はその一つです。

金属を溶かして、前もって作っておいた型に流し込んで作る手法を、鋳金(ちゅうきん)といいます。

さらに、金属の板などに彫刻をする手法を彫金といいます。彫ったところに金や白金などを詰めて美しくする手法を、象嵌(ぞうがん)といいます。

日本には、こうした手法による伝統工芸の技術が各地に伝わっています。
金属を細工する道具には、金切りばさみ、金属用ののこ、直刃(すぐば)や柳刃(やなぎば)、えぐり刃などがあり、それぞれ異なる用途に用います。

直刃は直線部分を切るのに用い、柳刃は、曲線を切るのに使います。えぐり刃は小さく曲線を切るのに有用です。



2016年10月11日火曜日

絵を描く道具練習問題

絵を描くには様々な用具があります。今日はおもな筆やペンについての練習問題です。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢のある場合には正しいほうを選んで入れよう。

鉛筆
まず、デッサンやクロッキーを行うとすれば鉛筆を使うことが多いと考えます。(①2B~4B 2H~4H)ぐらいのやわらかめの鉛筆がデッサンには向いています。

消す際にはプラスチック製の消しゴムや練りゴムを使います。練りゴムとは形が変えられる消しゴムです。デッサンと言えば、本格的には木炭(木を蒸し焼きにして炭にしたもの)で描くことがあります。そして消す際にはパンの白い部分を使うこともあります。鉛筆で黒く描いた後を消しゴムでとると、(②明る 暗)い部分を表現することができます。

鉛筆で描く際には、クロッキーの場合には短時間(数分~数10分間)で描きますからあまり(③大まか 細か)な形にはこだわらず、大胆に描くようにします。その際に鉛筆を(④習字 水彩)筆をもつようにして描きます。

鉛筆は太さや濃さを自由に変えることができますので、様々なスケッチに用いることができます。色の(⑤濃淡 タッチ)や調子、物の材質感なども表すことができます。

ペン
ペンは細書き用のペンをよく用います。消すことはできませんから、鉛筆以上に思い切って描くようにします。影の部分や暗い部分には(⑥糸 斜線)を引くなどして濃淡で表します。(⑦柔らかい 硬い)感じの細い線になります。

材質として竹や木を使った( ⑧ )ペンや割りばしペンなどもあります。その場合にはインクをつけながら描きます。

パステル
幼稚園や小学校でよく使った(⑨クレヨン 墨)は、油などで顔料を練って固めて使いやすくしたものです。それに対してパステルは顔料に少量だけアラビアゴムを加えてあります。したがって、パステルは紙にのせても鮮明な色がそのままのります。しかし、剥落しやすいので定着させる必要があります。紙の上で重ねたり、塗ったり、ゆびでこすったりすることが可能です。

独特な味のある線が得られます。

習字用の筆や水彩用の筆だけで、絵を描くことができます。水をしみこませてにじませたり、ぼかしたりさまざまな技法を使うことで、思いがけない効果を得ることができます。慣れてくるとあらかじめ、予想されたようににじませたりぼかしたりすることができるようになります。

濃淡や太さを自由に変えることができます。一般に(⑩やわらかい 硬い)線が得られます。

答え ①2B~4B ②明る ③細か ④水彩 ⑤濃淡 ⑥斜線 ⑦硬い ⑧竹 ⑨クレヨン ⑩やわらかい