2016年11月30日水曜日

西洋の近代美術の問題(その2)

近代の美術について、別の問題をつくりました。試験勉強の確認などに使ってください。

問1.次の各派に入る作家をそれぞれ下から選ぼう。
(1)新古典主義
(2)ロマン主義
(3)写実主義
(4)バルビゾン派
(5)印象派
(6)後期印象派

 選択肢となる画家: モネ  アングル ミレー ドラクロワ  クールベ  ゴッホ

答え (1)アングル (2)ドラクロワ (3)クールベ (4)ミレー (5)モネ
 (6)ゴッホ

問2.次の作家の代表的な作品をしたの選択肢の中から選ぼう。
(1)モネ  
(2)アングル 
(3)ミレー 
(4)ドラクロワ  
(5)クールベ  
(6)ゴッホ

作品:「ひまわり」、「オダリスク」、「落穂拾い」、「睡蓮」、「民衆を率いる自由の女神」、「波」

答え (1)睡蓮 (2)オダリスク (3)落穂拾い (4)民衆を率いる自由の女神 (5)波 (6)ひまわり

問3.次の問いに答えよう。

(1)印象派や後期印象派の画家たちに、日本の浮世絵は多大な影響を与えました。これを何といいますか。
(2)近代の美術は18世紀のフランス革命以降から19世紀のイギリスの産業革命の頃に大きく変化していきました。この社会の主役になったのは、貴族、市民、資本家のうちのどれですか。
(3)新古典主義は、フランスを中心に古代への回帰がみられました。どんな時代の美術へ回帰しようとしましたか。
(4)印象派の画家が重要視した室外のあるものとは何ですか。
(5)後期印象派の画家としてふさわしくないのは(ア)~(エ)のうちどの画家ですか。
 (ア)ゴッホ(イ)セザンヌ(ウ)マティス(エ)ゴーギャン

答え(1)ジャポニズム (2)市民 (3)古代ギリシャ、ローマ時代 (4)光 (5)マティス(彼はフォービズムの画家です)



2016年11月27日日曜日

色の効果の練習問題

色の効果について練習問題を作りました。

1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢があるときには正しいほうを選ぼう。

美術では色の学習をします。色使いはさまざま使っているうちに効果的な表現を身につけられるものです。その一方で原理を知っていると描く際に役に立つことがあります。

色を組み合わせると様々な効果が現われます。絵を描く際やポスターのデザイン、イラストを描く際にこうした配色に工夫を試みてみると、効果的に表現することができます。

それぞれの色の組み合わせで感じ方が異なります。重い感じや( ① )い感じがする色、涼しい感じ(( ② )色)や暖かい感じ(( ③ )色)がする色の組み合わせなどです。

例えば扇風機とこたつの宣伝をそれぞれする際に、どういった広告の色あいにするといいか想像がつきませんか。

それから弱い配色と、( ④ )い感じがする配色があります。彩度が( ⑤ )いと強い、(⑥コントラスト 高低)の大きい表現をすることができます。

そして後退色と( ⑦ )色。これも色の組み合わせ次第でどちらに色が進んでいくか決めることができますね。

答え ①軽 ②寒 ③暖 ④強 ⑤高 ⑥コントラスト ⑦進出