2017年7月11日火曜日

モダンテクニック練習問題2

モダンテクニックに関する問題をさらに作りました。各技法の名前をその特徴とともに覚えましょう。

問1.次の問いに答えよう。

(1)木の木目、石のざらざらした面、皮の模様を紙の(①上 下)から鉛筆や色鉛筆などで塗ってその浮き出た模様を写し取る技法です。この技法をフロッタージュと呼びます。

(2)コラージュ
様々な模様や文字の入った英字の新聞、包み紙やポスター、カレンダー、写真、雑誌などの一部を(②模写して 切り取り)、貼っていき、一つの作品にする貼り絵をコラージュといいます。貼ったものの上へ、色を塗ったり、ニスやラッカーを塗ったり、絵を描いたり、文字を入れたりすると雰囲気が出ます。

(3)デカルコマニー
絵の具を紙に置いていき、(③乾いてから 乾かないうちに)折りたたんででできる模様を作品にします。こういった技法をデカルコマニーといいます。

(4)マーブリング
油絵の具や墨を平たい容器に入れた水に流しこみます。表面に棒などで( ④ )を描きます。流行したラテアートのようなふうに模様を描きます。水の表面に絵の具の模様ができますからそこへ紙を水面に置いてそっと引き上げますと、絵の具は紙のほうへ移し取られます。マーブル模様などが描けます。この技法をマーブリングといいます。

(5)スパッタリング
紙の上で、網目の模様の金網やプラスチックなどに、絵の具をつけた歯ブラシなどを( ⑤ )つけます。すると細かな飛沫になって絵の具が飛び散ります。この技法ををスパッタリングといいます。

(6)ドリッピング
紙に絵の具をたらします。(⑥乾いてから 乾かないうち)に、その絵の具に息を吹きかけたり、紙を傾けたりして流れる模様を描きます。偶然、様々な模様が描け
こういった技法を絵やイラストに加えると表現の幅が広がります。


答え ①上 ②切り取り ③乾かないうちに ④模様 ⑤こすり ⑥ 乾かないうち

0 件のコメント:

コメントを投稿