2017年5月16日火曜日

絵に関する練習問題

スケッチ、デッサン、風景画などの絵を描く事に関する練習問題をつくりました。試験などの際の理解の確認に使ってください。


1.つぎの問いに答えよう。
(1)対象となるものをごく短時間で大まかに描くことを何といいますか。
(2)(1)に対して、対象となるものを時間をかけてよく観察し、正確に形や陰影を表現することを何といいますか。
(3)(1)と(2)を組み合わせて、対象となるものを表現することを何といいますか。
(4)風景の奥行きを表現する際に誤っているものを次から記号で選ぼう。
近景を鮮やかに描き、遠景をぼんやりと描いた。
近景を進出色でぬり、遠景を後退色でぬった。
遠景を赤っぽくぬって奥行きを表した。
建物を見上げて描くために透視図法を使用した。
(5)スケッチを屋外で行う際に注意すべきことで誤っているものを選ぼう。
日光を表現するために、明るい日のあたる場所で描くようにした。
がけの立体感を表現するために、安全な離れた場所からスケッチした。
海と海岸を遠景と中景に取り入れて奥行きを表現しようとした。
はたらく人物を取り入れて漁村の様子をいきいきとあらわそうとした。


答え (1)クロッキー (2)デッサン (3)スケッチ (4)③(遠景は青っぽく表すとよいです)(5)①(日のあたらない場所で描くとよいです)



中学 美術を ひとつひとつわかりやすく。

0 件のコメント:

コメントを投稿