2017年5月13日土曜日

デザインでの配色

ポスターを描いたり、イラストを描くときに色を工夫しておくことがあります。どんなふうに配色すれば効果的でしょうか。

色の大きさとその置き方


色面の大きさを変えることで、その色面に対する感じ方が変わることがあります。

アクセントカラー(強調色)
主調色で画面を統一した中に、それと全く性質の異なる反対の色をアクセントカラーといいます。一点おくことで画面を引き締め、目立たせる効果を与えることができます。
アクセントカラー

ドミナントカラー(主調色)
ドミナントカラーとは画面の基本になる色のことです。画面全体の主役になっている色のことです。
ドミナントカラー

セパレーション(分離する効果)

弱い印象をもっていたり、あまりに打ち解けてしまってはっきりしない場合などに黒や白などで縁取りをすることで目立たせてくっきりした印象にすることができます。
セパレーション

0 件のコメント:

コメントを投稿