2016年9月9日金曜日

海を描く 練習問題

海を描く際の様々なポイントに関する練習問題です。

1.次の問いに答えよう。

(1)海を描く際の一般的な注意について、最も適当なものを記号で選ぼう。
 ①日陰で描くよりも日なたで描く方がよい。
 ②波打ち際や防波堤の先端、がけなどで描くことは避ける。
 ③活気のある状況を描くため、人々や車の行き交う魚市場や漁の様子を身近で描く。

(2)海を描く際のポイントについて、最も適当なものを記号で選ぼう。
 ①遠景、中景、近景と遠近感を考慮した構図で描く。
 ②対象の配置や質感を考えて、三角形の頂点の位置にものを組み合わせる。
 ③色の対比や相互の関係を理解して、対象物の色を決める。

(3)海を描く際のポイントについて、最も適当なものを記号で選ぼう。
 ①海も空も青なので同じ色で塗る。
 ②海の特徴を示す波のかたちや白波、遠くと近くの色の違いに配慮してみる。
 ③海の周囲の風景や、灯台、船などは海というテーマにふさわしくないので入れない。

(4)海の風景の描き方について適当なものを入れよう。
 ①見取り枠を使って構図をきめることはよくない。
 ②波の数やかたちは正確にデッサンするとよい。 
 ③余分なもの(広告や電柱など)は省いたりしてよい。


(5)風景の一般的な描き方について適当なものを入れよう。
 ①近くは淡く、遠くははっきり描くとよい。
 ②遠近感をあらわすには、一般的に遠くのものほど大きく描く、
 ③海はどこも同じ塩水だから同じ色で塗るとよい。
 ④船を構図の中にとり入れて描いても構わない。

答え (1)② (2)① (3)② (4)③ (5)④





0 件のコメント:

コメントを投稿