2016年1月30日土曜日

空想の世界の画家たち

頭の中で考えた世界を実際に紙に描いて表現することは楽しいことです。昔からそうした絵を描く画家がいました。

エドヴァルト・ムンクはノルウェーの画家です。ムンクの「叫び」は一度見ると忘れられない絵です。さまざまなグッズにもなっていますね。この絵に登場する人物は何を叫んでいるのでしょうか。

まさに緊迫した状況を絵の色彩やうねりが表しています。不安な気持ちが湧いてきます。

一転して、ベルギーのルネ・マグリット。彼はとてもリアルな絵を描きました。リアルなのですが、物と物の関係や、位置、状況が不条理な世界を描いて、その絵を見る人を不思議な世界へといざないます。こうした表現をシュルレアリズム(超現実主義)といいます。このほかにもイタリアのジョルジョ・デ・キリコなどがいます。

心の奥を表現するこうした絵はさまざまな形で描かれています。マルク・シャガールもそうした画家の一人です。美しい青や赤、黄などの豊かでやさしい色彩のなかに自由に人物や動物が配された絵を描きました。その独特なファンタジーのような世界観は今もって人気があります。アンリー・ルソーも不思議な世界を描きました。「ヘビ使いの女」などはそうした代表作のひとつです。

0 件のコメント:

コメントを投稿