2015年12月11日金曜日

スケッチの楽しみ

先日フランスに行った話をこのブログに書きました。少し前のことですが、美術館めぐりをしました。今日は同時に訪れたイギリスでのお話です。

ロンドンの東、バスで高速道路を2時間かからないところにある街がカンタベリーです。ここにはカンタベリー大聖堂があります。11世紀にはじめの建物が建てられ消失後、その後再建されたたイギリス最古のゴシック様式の教会です。街の中心は城壁が残りその古い城壁は独特の風情を醸し出しています。世界文化遺産です。

私はこの教会のステンドグラスの美しさに感動しました。しばらくじっくり見た後、小さなスケッチブックに鉛筆でステンドグラスをはめてある窓をスケッチしました。

スケッチをすると、写真とは違い、対象となる物の形や色などの特徴をしっかり目に焼き付けることができます。それだけそのものをくまなく見渡しその特徴をつかまないとスケッチできないからです。

著作権などがあり、このブログでは紹介できませんが、非常に美しい形をした窓に衣装凝らしたステンドグラスがはめ込まれています。「カンタベリー大聖堂 ステンドグラス」と検索すれば画像がたくさん見られます。

陽が当たる方角の窓よりも、陽が直接指していない窓の方が色が鮮やかに見えました。自分たちで準備した旅でしたので2時間以上教会に滞在でき、スケッチを残すことができました。写真も撮りましたが、やはりスケッチした印象の方がいまだに強く残っています。

スケッチしている間にも地元の方々でしょうか、聖歌の練習をされていました。オルガンの響きとともにいかにも天上の歌声のように聞こえてきました。天上世界をここは夢想できる場だと感じました。とても良い経験ができました。


0 件のコメント:

コメントを投稿